双極性障害を検査で発見しよう【イロイロ障害チェッカー】

治療を行わないリスク

双極性障害は、治療や予防療法を行なう事で、通常の生活を遅れるようになります。治療をしないと、双極性障害の症状である躁状態とうつ状態があり、その及ぼす症状や結果的に引き起こされるトラブルを被る事もあります。双極性障害やうつ病といった気分障害が恐ろしいのは、その症状から引き起こされる様々な問題がある事です。周りに迷惑をかけてしまい、それが本人にとっても辛い結果になる事が多々報告されています。何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、社会的な信頼や仕事を失ってしまうといった事や、財産を食いつぶし、借金を重ねて自己破産をした例もあります。また、家族でさえも面倒見切れなくなり、離婚や絶縁されるという事もあります。最悪の場合は、リストカットなどの自傷行為を繰り返し、自殺企図といった思想を持つ人もいると言います。実際に命を失った人もおり、アメリカでの双極性障害の追跡調査では約8%が自殺により命を落としたというデータもあります。そのように、命まで蝕む事もある恐ろしい病気ではありますが、治療を行なう事で、自分をコントロールし、通常と変わらない生活を送る事が可能となります。

治療は、まず適切な検査を行なう事でその方法を決定します。治療法にはいくつかの種類があり、通常は薬物治療と心理社会的治療の2本柱で治療を行っていきます。検査の結果から、どの治療をするかといった事を決め、時には治療を組み合わせ行っていきます。再発も多いと言われる双極性障害は、継続的な治療が必要だと言われています。完治するのは難しい病気ですが、きちんと検査し、検査から導き出された適切な方法で治療していけば、上手く病気と付き合っていく事が可能です。自分や、周りの人が双極性障害の疑いのある場合は、検査がある事、治療で症状を緩和できる事を利用し、通常の生活を送る事を進めるのが良いのです。